アプリ

ドラガリアロストを始めてみたい初心者への内容まとめ

ドラガリアロストを始めてみたい初心者への内容まとめ

ドラガリアロスト(以下、「ドラガリ」)と言えば、誰もが知ってるゲーム企業の任天堂と、スマホアプリのヒット作を飛ばすCygames(サイゲームス)がコラボして作ったRPGです。

ちょうど1年経ったので、どんなゲームなのか内容をまとめてみました。

1年前はCMでDAOKOの曲が流れていたのが、とても懐かしいですね。

ドラガリアロスト
ドラガリアロスト
開発元:Nintendo Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

どんなゲームなの?

内容を一言で回答すると、これぞ「王道RPG」といった内容となっています。

ゲームの内容も人気のゲームの要素を一通り網羅している感じです。

この記事を読んでいただける方に、ドラガリについて簡単に説明すると、

ドラガリってこんなゲーム

①平面マップでダンジョンを冒険していくアクションゲーム

②オートやスキップ機能があって、サクサク遊べる

③フルボイスやアニメーションが充実

④育成のやりこみ要素が多い

⑤容量がとにかく重い

⑥ガチャの排出率は悪い

こんな感じの内容となっております。

王道故に目新しさはないのですが、普通に楽しめるゲームで間違いないと思います。

ゲームスタイルは平面マップで冒険していく正統派

平面マップを移動して、敵を倒しながらダンジョンを冒険していく懐かしさを感じさせるアクションゲームです。

トルネコの大冒険やチョコボのダンジョンなど、昔はこの手のゲームが多かった気がします。

オート機能での冒険がとっても便利!

まずオート機能は最初からは使えません!

第1章4-1をクリアすることで、オート機能が開放されます。

クエスト開始後に画面右上にある「おまかせON」アイコンをタップすると、オート操作に切り替えができるんですね。

道中があるクエストでは、宝箱もちゃんと拾ってくれるんですが…

樽やドラゴンピラーを壊したいなら、自分で操作する必要があります。

また、ボス討伐後に出る宝箱は回収してくれないという残念なとこもあります。

・オート中は樽やドラゴンピラー(ドラゴン化のゲージが溜まる)は壊せない!

・ボス討伐後の宝箱は手動で回収する必要あり!

オート操作中でも、タップやフリックといった操作を行うと、触れている時だけ手動で操作できるんです!

ボス戦でのドラゴン化やサポートスキルの使用だけしたいなど、少しだけ戦闘に参加したいときに便利です。

オート操作を止めたい時は、再度タップすることで解除できます。

ちなみに、マルチプレイでもオート機能ができるようになりました。

ただ、竜化はできないので、オート機能にお任せし過ぎないようにしましょう!

マルチでもオート機能が実装!(ただし、竜化はできない!) 

スキップチケットもあるよ♪

スキップチケットは一度クリアしているクエストに使えます。

クリアしたことにして、報酬だけ受け取れるとっても便利なチケットです。

スタミナが尽きるまで、オートプレイができる

こちらはまだ未実装の機能になります。

実装されれば、育成がとてもはかどりますね♪

ストーリーがフルボイス♪

テキストを全部読んでくれるボイス機能がついてます。

DAOKOの挿入歌がいい味を出している♪

DAOKOが好きな人には嬉しい仕様です。

それが嫌な人は設定で、ボーカルだけをOFFにできます。

やりこみ要素がとにかく多い

キャラクターのレベル上げ

キャラクターの強化はメインストーリー1-3「美しき聖騎士」をクリアすることで解放されます。

戦闘で得られる経験値だけでなく、クリスタルという素材でもレベル上げを行うことができます。

マナサークルの強化&解放

マナサークルはメインストーリー1章3-4「誇り高き碧竜」をクリアで解放されます。

マナという素材を消費することで、スキルやアビリティ、さらに特殊攻撃「バーストアタック」を習得することができます。

最大5階建てとなっており、次の層を解放するためには上限解放が必要となります。

上限解放には、現在の階層の能力を全て解放に加え、オーブやドラゴンの鱗、英雄の証などの素材が必要となります。

キャラクターの覚醒

「覚醒」を行うことで、キャラのレアリティが上がり、レベルの上限が解放されます。

ただし、覚醒には入手方法が限られている「覚醒の雫」が必要となるため、簡単にはできないのが難点です。

「覚醒の雫」はガチャでキャラが被ったときに、手に入る素材です。

キャラのレアリティ★に応じて、入手できる「覚醒の雫」が変わります。 

ドラゴンの育成(レベル上げやレベルの上限解放)

ドラゴンは、聖城で収穫できるドラゴンフルーツ消費してレベルを上げることができます。

不要なドラゴンを素材として強化することも可能ですが、売却することで「覚醒の雫」を入手できます。

「覚醒の雫」はドラゴンの強化ではなく、護符との交換に利用すべし!

ドラゴンの上限解放には、レアリティ★に応じて専用の素材が必要となります。

ドラゴンとの信頼度を上げる

聖城でドラゴンの信頼度を上げることができます。

信頼度を上げることによって、竜化していられる時間が増加し、戦力も強化されます。

武器の強化

ストーリーを進めると、武器の生産ができるようになります。

生産した武器を強化していくと、スキルや属性が付くので大切な要素です。

武器の上限解放には、レアリティ★に応じて専用の素材が必要となります。

施設の育成

聖城でキャラクターのステータスを上昇させる施設を育成することができます。

また、聖城のレベルを上げることで作成できる武器の種類を増やせます。

強い武器を装備するためにも施設育成は重要です!

護符の強化(上限解放)

護符はレベルが上がるとステータスの上昇に繋がります。

「聖水」や「不要な護符」を使用して強化することになります。

★3以上の護符は「覚醒の雫」に変わるので、合成には★2の護符のみを使用するようにしてください。

★3以上の護符は売却して「覚醒の雫」として利用した方がいい。

「覚醒の雫」は護符に交換して、上限解放(同じ護符を5枚集める)の活用ができます。

ガチャの排出率が酷い(改善あり)

ゲームをプレイする上で、ガチャの排出率はどれくらいか気になりますよね。

一般的には最高レアで3%と言ったところでしょうか。

ドラガリはというと、最高レアの★5キャラ(ドラゴン含む)は排出率は4%です!

また、改良されてガチャから護符がなくなりました。

キャラとドラゴンのみになり、以前よりガチャの排出率も改善されたとの口コミが挙がっています。

容量がとにかく重い

フルボイスを採用していたり、アニメーションのクオリティが高いため、当然のごとく容量が重いです。

音声含む一括ダウンロードで5GB必要であり、Wifi環境が必須となります。

ストーリーを進めていくと、ダウンロードがまた必要となるので、容量に余裕があるスマホしか遊べません。

リセマラするなら、このキャラで始めよう!

2ヶ月に一度開催されるドラゴンフェスで入手できる「クラウ」の一択です!

通常のクラウではなく、ドラフェス限定のクラウがおすすめです!

おすすめをする理由としては、

スキルを使うほど強くなる

クラウ(ドラフェス)は、スキルの使用回数によってスキルの効果が変化するスキルを所持しています。

敵の防御を下げたり、味方に持続回復を付与できるなど、アタッカー兼サポーターとしても活躍できるんです!

スキル1は敵が複数でも単体でも強い

クラウ(ドラフェス)のスキル1は、スキルの使用回数によって範囲内の敵に、3〜5回の追撃を仕掛けます。

もし攻撃対象として選択できる敵が残りの攻撃回数より少ない時は、再び近い順の敵に定めて攻撃を仕掛けます。

敵が複数でも単体でも、効率よく攻撃ができるので使いやすいスキルです。

アビリティの効果で攻撃アップのフィールドを設置

クラウ(ドラフェス)のスキル1を使用後、バーストアタックを放った位置に、最大攻撃力25%アップのフィールドを10秒間設置します。

スキル1は回転率もいいですし、上手く設置できれば味方の大幅な攻撃力アップに繋がるので非常に強力です。

とはいっても、ドラフェスは2ヶ月に一度しか開催されません…

始めたいと思ったときに開催されていればいいですが、運しだいになってしまいます。

なので、キャラクター+属性一致の★5ドラゴンかキャラクター2体以上が引けたら、リセマラ終了でもいいと思います。 

リセマラ終了は、キャラ+属性一致の★5ドラゴンorキャラクター2体以上

こんな人に遊んで欲しい

このゲームをおすすめしたい人

①王道RPGで遊びたい

②フルボイスやアニメーションのあるRPGがしたい

③スマホに空き容量がある方

任天堂とサイゲームズがコラボしていて、面白くないハズがありませんよね。

ドラゴンにあげるアイテムも一括で消費できたり、武器も一度に最終まで作れたりなど、システムの改善はよくなされています。

ただ、イベントが単調でやや飽きやすいのが残念ですが…今後の運営の働きに期待したいですね!

外さないRPGで遊びたい方は、このゲームをぜひインストールしてみてください。

ドラガリアロスト
ドラガリアロスト
開発元:Nintendo Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です