アプリ

【DCG】リアルタイムバトルのTEPPENで、てっぺん目指せ!

【DCG】リアルタイムバトルのTEPPENで、てっぺん目指せ!

「面白いカードゲームはないかな?」

「他のカードゲームと何が違うの?」

気になっている方に、実際に遊んでみた感想をお伝えしていきたいと思います。

このゲームの面白さ

①1秒を争う緊張感のあるリアルタイムバトル

②ヒーローを主軸にしたデッキ構築

③既存のテーマ曲をアレンジした完成度の高い音楽

TEPPEN
TEPPEN
開発元:GungHo Online Entertainment, Inc.
無料
posted withアプリーチ

TEPPENってどんなゲームなの?

『TEPPEN』は、有名な『モンスターハンターズ』を世に送り出したカプコンと、スマホゲーム一大ブームを巻き起こした『パズドラ』で知られるガンホーが共同開発をしたデジタルカードゲーム(以下、DCG)です。

登場キャラはカプコンの色んなゲームから選ばれています。

『ストリートファイター』『ロックマン』『ヴァンパイア』『モンスターハンター』『デビルメイクライ』『バイオハザード』など

要は大乱闘スマッシュブラザースのカプコン版ということですね。

『TEPPENが』他のTCGと違うところは以下の2点になります。

①ターン制ではない

②リアルタイムバトル

カードゲーマーなら馴染み深い先行・後攻を順番にプレイしていくターン制は、もはやカードゲームの常識といっても過言ではありません。

ターン制じゃなく、とても斬新なシステムなのです!

(ちなみに、カードの効果によって一時的にターン制になります。)

TEPPENの面白いところ

他のTCGにはない、リアルタイムバトル!

「リアルタイムバトル」とは、1秒を争った常に盤面が動き続ける対戦のことになります。

このため「相手のターンを暇で持て余す」といった事や、マナーの悪いプレイヤーによる遅延行為などのストレスがない点がいいです。

また、「時間」と共に溜まっていくMPと攻撃。「時間」をコストにする発想はカードバトルにおいて革命的なシステムです!

1秒も気の抜けない緊張感のあるカードバトルを楽しめる! 

デッキを構築するのが面白い♪

ヒーローごとに初期設定のデッキが用意されています。

でも、自分でカードを組み合わせてデッキを組み立てることこそが、カードゲームの醍醐味ですよね。

プレイヤーは一人のヒーローと30枚のカードを選択してデッキを構築します。

デッキ編成で重要なのは、カードの能力とヒーローアーツの効果の2点。

カードにはステータスという要素のほか、特殊な効果を持ったものが多くあります。

それらを把握し、特殊効果やヒーローアーツをうまく活用していくことが勝つために必要となります。

ヒーローアーツとは、バトル中に使用可能なヒーロー固有の必殺技。

デッキはヒーローアーツを中心に考えて構成するのが基本です。

その理由はヒーローアーツは強力であること。

アクションカードと違って、APさえ溜まっていれば絶対に発動させられること。

効果が得られるかは状況によるが、絶対に発動するというのはかなり大きいポイントです!

ちなみに、ヒーローはそれぞれ3種類のヒーローアーツを持っています。

(上のリオレウスは2つ目までヒーローアーツを開放しています。)

最初のヒーローアーツはひとつだけですが、プレイを重ねてヒーローのレベルが順次上がっていくと、新しいヒーローアーツを習得できます。

獲得したヒーローアーツは、そのヒーローの個性や特徴を活かした内容となっており、持っている効果はそれぞれ大きく違います。

新しいヒーローアーツを得たら、まずその効果を確認してみてください。

ヒーロー(カプコンキャラ)を主軸にしたデッキ構築が面白い。

既存のテーマ曲をアレンジしたサウンド

既存のテーマ曲にアレンジを加えており、完成度がめちゃくちゃ高い。

例えば、殺意の波動に目覚めたリュウのアレンジ曲は、真の力を追い求めた男が闇落ちしてしまった悲劇を見事に捉えています。

他にも、ジルやウエスカー、エックスの曲もゲームをやり込んでないと気がつかないフレーズをオリジナル曲に取り込んでいて、ついゲームを忘れて聴き入ってしまいます。

本家ゲームで流れたテーマ曲が、いい感じにアレンジされてる。

ゲームモードを選んで遊ぶことができる!

各キャラのオリジナルストーリーを体験できるソロプレイ

一ヶ月の期間でランキングを競うランクマッチ(対戦)

約2週間の決戦を勝ち進んでいくグランプリ(対戦)

ランクマッチでは上記100名の発表とランキング報酬が与えられます。

また、グランプリでも勝敗に応じて賞品がもらえるので、積極的に参加していくと面白いですよ♪

TEPPENのちょっと残念なところ

ゲームバランスが悪い…

カードゲームには環境が存在し、ある程度強いデッキやキャラが出てくるのは仕方ないのですが、このゲームは極端に酷く感じるとの口コミを見ます。

また、酷いのは即死コンボが存在することです。

対抗策があるにはあるのですが、非常に少なく防ぎようがありません。

上位ランカーを目指すには、好きなキャラではなくその時点での環境デッキを使用することが必須となります。

強いデッキが決まっていて、対策もしずらい。即死コンボあり。

初心者に厳しいランクマッチ戦

初心者は心が折れるかもしれません…

ほかのランカーと戦いたいときは「フリーマッチ」でイイはずなのに、ランクマッチ戦でも力と経験の差が圧倒的に激しい相手とマッチングしたりします。

また、時間制であるがために、知らないカードが場に出されたときに、テキストを読む暇がありません。

初心者でも上位ランカーと当たるランクマッチ戦。

バトル時にカードの説明を読む時間がない。

回線弱者はその時点で不利!

厄介なのは「ラグ」です。

オンラインゲームにラグが発生するのは仕方ないのですが、「時間の使い方」は勝敗に密接に関係します。

上位ランカーの口コミによると、コンマ秒で先にカードを出せるかどうかが、勝負の行方を決めたりするそうです。

回線が遅い人は、自分のデバイス上では相手より早く出したつもりでも、相手の方が先に処理されるので、常に後手に回ります。

ゲームの理不尽さを減らすには、光回線であることは必須。

通信回線が遅いと、その時点でほぼ勝敗が決まる。

無課金でも楽しめるの?

無課金でも楽しめます♪

カードを分解してソウルを貯めることで、新しいカードに引き換えることができます。

無課金の人も、ボーナスをコツコツためつつ、ソウルを使えば欲しいカードはそんなに苦労せずに手に入れれます。

というのも、各パックはレジェンダリーのカードを入手するまで、パックを引くたびにレジェンダリーチャージと呼ばれる数値が上昇します。

このため、どんなにハズレても、6パック目にはレジェンダリーカードを必ず入手できるのです。

使用キャラを固定して一極集中が必要ですが、レアリティの高いデッキも組むことができますよ。

無課金でもデッキを絞れば強くなれる。

リセマラはした方がいいの?

欲しいカードを交換により手に入れることができるので、必ずしも必要はありません。

ただし、交換するためには、欲しいカードと同じレアリティのカードが4枚必要になります。(最低レアのコモンは5枚で1枚と交換。)

最高レアのレジェンダリーは1%なので、どうしても欲しいカードがある場合は、リセマラするのもアリです。

リセマラは必須ではないが、欲しいカードがあればした方がいい。

まとめ:このゲームをおすすめしたい人

おすすめしたい人

①カードゲームが好きな人

②リアルタイムでのカード対戦が気になる人

③カプコンのキャラに愛着のある人

他のカードゲームにはない、リアルタイムでのバトルは必見です!

対戦を楽しむためには、回線が早いことが必須なのですが、斬新なカードバトルを楽しむことができます。

ぜひ体験してみてください♪

TEPPEN
TEPPEN
開発元:GungHo Online Entertainment, Inc.
無料
posted withアプリーチ
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です